学LIVE!
学LIVE! | 高校生虎の巻
1学期(前期)の学習内容を知ろう
英語編
数学編
高1 1学期(前期)の学習ガイド 数学編
高校進学直後の5月下旬、中間テスト ではこんな問題が出題される。
「数と式」「方程式と不等式」

1学期(前期)のポイント

最初に学習する「数と式」の整数・実数では、高校数学で扱う基本的な計算を学びます。展開・因数分解・平方根の計算が中学生と比べ一気に複雑化します。ここでの油断は禁物です。 [出題例1(1)・2]

方程式と不等式では、高校数学の基本的な考え方を学びます。絶対値記号を含む方程式や不等式は、最も理解が難しく得点差がつくところです。[出題例1(2)]集合と命題では、論理的な考え方を学びます。問題をよりわかりやすく把握するためには必要な知識です[出題例3]

そして「2次関数」は数学Ⅰの中核をなす学習テーマです。ここできちんと理解できれば、その後の「数学Ⅱ」「数学Ⅲ」の学習の流れにうまく乗ることができます。気を緩めずにガンバって学習を進めましょう。

「2次関数」は数Ⅱ、数Ⅲのエントランス

中学で学習した「2次関数」は一気にその学習内容が難しくなり、教科書では以下のような内容を順に学習していきます。
◉ 高校数学カリキュラム
以下のカリキュラムを見てください。2次関数ではこれから学習する高校数学のエントランス(入り口)に位置する内容を学習します。まずはここまでの学習をしっかりと理解・定着させてしまうことがとても大切です。
1学期(前期)の 期末テストではこんな問題が出題される
受験の小技 高校生虎の巻
市進DE自信! ひゃくてんし
高校生カレンダー 教えて!市進さん
5分で自分探し 市進なぜなぜ?
自分流!大学選び ひゃくてんしコレクション
市進予備校ナビゲート
どんなコースがあるの? 近くに教室はあるの?
市進を体験したい! 生徒の声を聞きたい!
ぴったりのコースを探したい! 合格実績を知りたい!
分かるまで何度も復習したい! 個別指導をしてもらいたい!
市進教育グループ

入会のお問い合わせ・資料請求 お急ぎの方はこちらから