学LIVE!
現役合格サクセスロード
現役合格サクセスロード

城能先生による

周囲が「本気」になる前に対策は早めにはじめよう!

高校1年生〜高校2年生のときに受けた模試がD判定、E判定だったとしても、志望校のランクを落とす必要はありません。将来の合否の決定をわけるのは、高校3年生になる前の今、どう動くかにかかっているのです。

城能先生による

〈不合格になる人のパターン〉

周囲と同じ学習ペースのまま、高3初期になって「そろそろ本気を出そう」と考えるパターン。周囲も同じ時期に本気を出しはじめるため、これを上回るペースで得点力をつけるのは難しい。努力実らず、不合格…

〈合格する人のパターン〉

高1〜高2の時期からほんの少しペースを上げて勉強を開始。エンジンがかかっていない相手を追い越すのはたやすい。さらに、頑張りグセもつけられる。受験直前も気を緩めずに学習を続け、最終的に合格ボーダーラインを突破。

point

受験に数学を使わない文系の人も、大学生になったとき就活の筆記試験で数学を使う場合がある。グラフと領域の問題や数Ⅱで扱う問題などが出てくるため、忘れない程度に数学に触れておこう。

高1・高2からでもできる!センター試験対策

受験が近づくと、どうしても大学別の過去問中心の学習になってしまいがち。センター試験対策は、早いうちから取り組んでおきましょう。センター試験の問題は教科書の内容を理解していれば、絶対に解けるようにできています。高校1年生や高校2年生でも、十分解ける問題です。

〈センター数学の特徴と対策〉

1誘導に従って、解答の途中を穴埋めしていく形式(ただの小問集合ではない)

〈センター数学の特徴と対策〉

日ごろの学習で、ノートには答えだけでなく解法を文章化したものを書いておく

2時間のわりに計算量が多い。

〈センター数学の特徴と対策〉

問題集において解けると思った問題でも飛ばさない。計算のスピードと正確性を高める訓練ととらえる。

3公式を暗記しているだけでは対応できない問いもある。

〈センター数学の特徴と対策〉

ときに教科書に戻って、その成り立ち(証明)を確認する。

4過去問に似た問題が繰り返し出題される。

〈センター数学の特徴と対策〉

過去問第一主義。数年分は必ず解いておく。できれば、追試も。私大の穴埋め問題の練習にもなる。

《参考》2017年センター試験問題の一部

数学I・数学A

(3)1188の正の約数は全部でシス個ある。

これらのうち、2の倍数はセソ個、
4の倍数は個ある。

1188のすべての正の約数の
積を2進法で表すと、
末尾には0が連続してチツ個並ぶ。

シス
教科書の例題レベル。公式を暗記していれば解ける問題。

セソ
公式の原理を応用して解く問題。公式の証明を理解しておく必要がある。

チツ
セソの部分を解き、それを利用して解く問題。誘導形式と呼ばれる。

無駄なくセンター高得点を狙うならベーシックウイングで基礎固め

センター必須の知識・解法を習得するなら、基礎から応用までそろった1回20分の映像授業を利用するのがおすすめです。「解説が解説になっていない」「問題数が多すぎて、どれが重要なのかわからない」といった問題集あるあるを解決できます!

□問題集にある「解説の解説がほしい」問題を解説
□定期試験・大学入試での重要頻出問題にしぼって解説

基礎編…高校の授業の予習
定期試験対策…復習と発展演習

「ベーシックセンター」でセンター対策もできる

城能先生による周囲が本気になる前なら“ちょっと”頑張るだけでいい

他の科目はこちら

基調講演

市進予備校平塚校長の基調講演
受験の小技 高校生虎の巻
市進DE自信! ひゃくてんし
高校生カレンダー 教えて!市進さん
5分で自分探し 市進なぜなぜ?
自分流!大学選び ひゃくてんしコレクション
市進予備校ナビゲート
どんなコースがあるの? 近くに教室はあるの?
市進を体験したい! 生徒の声を聞きたい!
ぴったりのコースを探したい! 合格実績を知りたい!
分かるまで何度も復習したい! 個別指導をしてもらいたい!
市進教育グループ

入会のお問い合わせ・資料請求 お急ぎの方はこちらから