学LIVE!
市進なぜなぜ?
VOL.7
Q.ガムを噛むと勉強がはかどるのは、 なぜ?
Q.風船ガムが膨れるのは、なぜ?
Q.ガムとチョコレートを一緒に食べると溶けてしまうのは、なぜ?
Q.日本でガムが普及したのは、なぜ?
Q.カカオ豆がアフリカで最も多く生産されているのは、なぜ?
Q.ガムを噛むと勉強がはかどるのは、
なぜ?

A.ガムを噛むと勉強の効率がアップするのは、噛むことによって脳の血液の循環がよくなり、脳が活性化するためです。ガムは、コーヒーにくらべても、脳の活性化効果がより持続することが、実験で確認されています。さらに、ガムを噛むことは、勉強の効率アップ以外にも、勉強時の眠気防止、ココロのリラックス作用、気分転換等にも効果があります。

とじる
Q.風船ガムが膨れるのは、なぜ?

A.ガムは、植物性樹脂に熱を加えることでできるガムベースに味や香りを付加することでつくられます。このガムベースは、電子顕微鏡で見ると、細い糸が絡み合い、魚を捕る網の目のような姿に見えます。板ガムは、この網の目が弱く膨らませようとしても破れてしまいます。ところが風船ガムのガムベースは、この糸が長く網が丈夫にできています。そして糸が伸びやすいため、空気を吹き込むと風船ができる訳です。

とじる
Q.ガムとチョコレートを一緒に食べ
ると溶けてしまうのは、なぜ?

A.ガムは、口の中の温度で、ほど良い硬さになるように作られています。一方、チョコレートには、ココアバターという口中温度で溶ける軟らかい油脂が含まれています。だから一緒に食べると、この油脂がガムを軟らかくして、溶かしてしまいます。チョコレート以外の食品でもこういうことがおこりますので、ガムとほかの食品を一緒に食べないようにしましょう。

とじる
Q.日本でガムが普及したのは、
なぜ?

A.大正時代や昭和の初めにも日本にはガムはありましたが、当時の食習慣などに合わず、あまり売れませんでした。第二次世界大戦中のアメリカ軍の携帯食糧にガムがありましたが、終戦と同時にアメリカ軍のガムは、新しいファッションとして急速に日本人の間に浸透し、生活の洋風化とともに愛好者を急増させました。

とじる
Q.6月1日が「ガムの日」なのは、
なぜ?

A.平安時代の頃から、元日と6月1日は「歯固めの日」と呼ばれ、硬いお餅を食べながら、みんなが健やかに暮らせるように家族の長寿と健康を祈る習慣がありました。当時の社会では、普段から歯の根を固めておくことは、長生きする大切な条件といわれていたのです。
時代は変わっても、チューインガムを通じて噛むことの大切さ、健康の大切さをあらためて考えていただきたいと、日本チューイングガム協会が平成6年6月より毎年6月1日を「チューインガムの日」に制定しました。

とじる
なぜなぜ一覧に戻る
受験の小技 高校生虎の巻
市進DE自信! ひゃくてんし
高校生カレンダー 教えて!市進さん
5分で自分探し 市進なぜなぜ?
自分流!大学選び ひゃくてんしコレクション
市進予備校ナビゲート
どんなコースがあるの? 近くに教室はあるの?
市進を体験したい! 生徒の声を聞きたい!
ぴったりのコースを探したい! 合格実績を知りたい!
分かるまで何度も復習したい! 個別指導をしてもらいたい!
市進教育グループ

入会のお問い合わせ・資料請求 お急ぎの方はこちらから