学LIVE!
市進なぜなぜ?
VOL.30
Q.チョコレートの表面が白くなるのは、なぜ?

A.チョコレートは高温(28℃以上)におかれるとココアバターが溶けて表面に浮き出し、その後冷えて固まるときに白く粉をふいたような状態になります。ブルーム現象(ブルーミング)といってチョコレート特有のものです。白くなってしまうとみかけも悪く、チョコレート本来の味も損なわれますが、食べても別に害はありません。ブルーム現象をおこさせないためには、直射日光を避け、涼しい乾燥したところに保存しましょう。

とじる
Q.「ココア」には「ホットチョコレート」という呼び方があるのは、なぜ?

A.チョコレートは、長い間、飲みものでした。このため、150余年前に食べるチョコレートが発明されてからも、飲むチョコレート=ココアも、チョコレートといわれることがあります。「ココア」と「ホット チョコレート」の用語の厳密な区分はなく、慣用語として使われることが多いようです。
「ホットココア」は、飲みやすくするために、カカオ豆中のココアバターを減らした粉末ココアから作られ、「ホットチョコレート」は、ココアバターをより多く含んだクーベルチュールチョコレートから作られる、と説明されることもあります。
※一般的には、粉末ココアから作られるものも「ホットチョコレート」として販売する例が多いと考えられます。

とじる
Q.チョコレート(ココア)ポットの蓋には穴が空いているのは、なぜ?

A.紅茶には、ティーポットにティーカップ、コーヒーには、コーヒーポットにコーヒーカップがあるように、チョコレートドリンク(ココア)にも専用のチョコレートポット、チョコレートカップがあります。
チョコレートポットは、ティーポットやコーヒーポットと同じような形をしていますが、大きく異なるところは蓋に穴があいており、そこから撹拌棒(モリニーリオ)を通し、それを両手で回し、泡立つまでかきまぜて使います。
残念ながら現在では、チョコレートポットもチョコレートカップも容易には手に入りませんが、銀製のものや磁器製のものがあり、アンティーク品として大変高価です。

とじる
Q.チョコレート(ココア)カップの
お皿は立ち襟状の独特のかたちをしているのは、なぜ?

A.チョコレートカップのお皿の独特な立ち襟状の形のことを「マンセリーナ」と呼びます。名付け親はスペインのマンセリーナ公爵といわれています。公爵がペルーの総督をしていたとき、女性が誤ってカップからチョコレートをドレスにこぼしてしまったのを見てショックを受けたのが誕生のきっかけです。リマの銀細工師に、皿もしくは台皿の中央に小さなカップが滑らないように収めるため、立ち襟状の輪がついたものを作らせたのがはじまりだといわれています。

とじる
なぜなぜ一覧に戻る
受験の小技 高校生虎の巻
市進DE自信! ひゃくてんし
高校生カレンダー 教えて!市進さん
5分で自分探し 市進なぜなぜ?
自分流!大学選び ひゃくてんしコレクション
市進予備校ナビゲート
どんなコースがあるの? 近くに教室はあるの?
市進を体験したい! 生徒の声を聞きたい!
ぴったりのコースを探したい! 合格実績を知りたい!
分かるまで何度も復習したい! 個別指導をしてもらいたい!
市進教育グループ

入会のお問い合わせ・資料請求 お急ぎの方はこちらから